情報リテラシーの原点。幼児期に、テレビを見せない生活を2年試してみた。

ムスコが1歳になる直前に、その出来事は起こった。

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件だ。

テレビには、ひっきりなしにツインタワーの映像が流れる。

それを何も分からない、0歳児のムスコがみている。

その姿を見ていると、心がざわざわした。

  • 「9.11」の報道の画面を見つめる、0歳児を見ていて感じた違和感。
  • 「テレビを見ない権利」からスタートした、子どもにテレビを見せない生活。
  • 大人が負担を感じない程度に、映像に頼らない生活を送るための工夫。
  • 子どもと向き合あう時間が豊かになった。
  • 情報や周囲の声との付き合い方を考えた原点。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

50記事目は、約20年前のテレビを見ない生活の体験談。
メディアリテラシーを考え始めたのは、ここからだった。

目次

2001年9月11日の衝撃と、テレビの映像をみるムスコへの違和感。

2001年9月11日の衝撃と、テレビの映像をみるムスコへの違和感。

その映像は、繰り返し繰り返しテレビで流された。

新しい情報が欲しいかあちゃんは、ずっとテレビをつけていた。

そしてテレビの前には、何も理解できないまま映像に顔を向けているムスコがいた。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

こんな衝撃的な映像を、0歳児に見せていていいのだろうか?

ムスコのアイコン画像ムスコ

????

子どもは映像が大好き。だから、見せる時間は決めていたけど。

子ども向けの番組をつけると、食い入るようにみる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

今なら、YouTubeかな。

お座りができるようになった頃から、夕食の支度の間はテレビをつけるようになった。

子ども向けの番組や、英語の教材のDVD。

だけどそれ以外でも、かあちゃんがニュースを見る時にはテレビはついていた。

大人が見ている映像は、子どもの目にも写っている。

ニュースを見ている時には、同じ部屋に子どももいる。

子どもは大人と同じ映像を見ている。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「9.11」までは、特に何も感じていなかった。

けれども、あの日から始まる報道合戦で、テレビからは衝撃的な映像が流れない日は無くなった。

1週間がすぎ、2週間がすぎると、かあちゃんは違和感を感じるようになる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

こんなに毎日、ビルが崩れる映像や、銃を構える映像を見せていていいのかな。

「テレビを見ない権利」もある。

違和感を感じていたけれど、どうしたらいいのか分からない。

分からないけど、同じ映像を流し続けるテレビに腹が立つ。

だんだん、テレビ局のモラルに対して疑問を感じるようになった。

情報が、一番早く手に入るのは、当時はテレビの速報だった。

早く情報を得たい気持ちと、自分の意思とは関係なしに送られてくる情報の間で、板挟みになっていた。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

気持ちはわかるけど、テレビは映像を流し続けなければならないメディアだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

だけど、衝撃的な映像を繰り返し流し続けるのはどうなのか。もう報道の時期は終わっていると思う。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

そんなに違和感を感じるのなら、「テレビを見ない権利」もあるんだよ。

「テレビを見ない権利」という言葉には、驚いた。

今ほど権利意識が叫ばれていない時代だ。

でもどんな言葉よりも、当時のかあちゃんにとっては、すっきりとした言葉だった。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

大人は情報を得る手段は、テレビ以外にもある。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

協力してくれるのなら、やってみる。
見たいテレビは、録画をとってムスコが寝ている間にみることにする。

こうして、「テレビをつけない生活=見せる映像を意識する生活」が始まった。

子どもと向き合う時間が、豊かになった。

子どもと向き合う時間が、豊かになった。

今まで映像がついていた時間が無くなったのだ。

当然、子どもと一緒に過ごす時間も増える。

映像に頼っていた時間をどうするか、とことん子どもに向きあう。

映像を見せない生活で一番大変なのは、食事の支度の時間だ。

1歳児に一人で遊んでおけと伝えても、できるわけがない。

しかもまいご家のおもちゃは、音や色の刺激が少ないおもちゃへとシフトしてる途中だった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

木のおもちゃの難点は、大人が関わりながら遊びを広げてやらなければ、長時間の遊びができないこと。

食事の支度を始める前には、読み聞かせや積み木遊びにたっぷりと時間をとる。

満足して一人で遊びを始めると、そっと離れる。

その間に、台所へ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

あそんで。あそんで。

15分くらいしたら、飽きてかあちゃんのところにムスコが来る。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

それからは、DVDの時間。
全てを0にするのではなく、自分にも負担がかからないように、過ごした。

親もだんだん慣れて、絵本のストーリーから積み木遊びへ繋げられるようになった。

1ヶ月、3ヶ月と時間がすぎていくと、子どもも成長する。

かあちゃんも要領をつかんでくる。

読み聞かせの絵本のストーリーを使って、積み木遊びに誘導できるようになった。

例えば、「ぞうくんのさんぽ」の場合。

散歩に出かけたぞうくんが、途中で出会ったかばくんや、わにくんを背中に乗せて、散歩をする。最後には、みんなで池に「どぼーーん」と落ちる。

子どもの大好きな、定番の絵本。

読み聞かせをした後に、

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ぞうくんのおいけを作ろう。

ムスコのアイコン画像ムスコ

?????

STEP
ムスコを誘う。

WAKUーBLOKを取り出して、積み木を手に取りムスコを誘う。

STEP
積み木で大きな楕円を作る。

最初の数個は、かあちゃんが積み木を置く。

ムスコの気分が乗ってくると、自分も積み木を置きはじめる。

STEP
出来上がった積み木の池の中に、ビーズやおはじきをいれる。

音に喜んで、一人で遊び出す。

STEP
そっと離れて、台所にいく。

ここまで来ると、かあちゃんが離れても大丈夫。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

室内での砂場遊びだね。片付けが大変なんだけど。

数ヶ月経つと、かなり長い時間一人で遊べるようになっていた。

情報リテラシーを意識したのは、この体験からだった。

情報リテラシーを意識したのは、この体験からだった。

子どもに与える情報を選ぶことは、大人になったかあちゃんが初めて行った情報リテラシーだった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

当時初めて、「情報リテラシー」という言葉を聞いた。概念自体、新しいものだった。

「母親の勘」からスタートしたことだった。

まいご家は、とうちゃんが「情報」の危険性をよく知っていた。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「情報リテラシー」と言う言葉や概念も、とうちゃんから聞いたことだった。

それでも周囲の声には、戸惑った。

こう言う話をすると周囲の人には、「やりすぎ」とか「かわいそう」と言われた。

自分のやり方に迷うかあちゃん。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

遊んでいるムスコを見て「かわいそう」に見えるか?

そう言われて安心した。

結局「やりすぎ」や「かわそう」は、子どもの様子から判断するしかない。

普段の様子を観察できない人には、本当は分からないことなのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

今は映像がテレビ以外にもあふれているから、お母さんの悩みはもっと深いと思う。

3歳での長期入院で、テレビを見せない生活は終わりを迎える。

3歳直前に、小児白血病にかかり長期の入院生活を送ることになる。

闘病中にできる楽しみは、テレビの試聴くらいだ。

テレビを見せない生活は、3歳で終わりを迎えた。

でも、この2年間で情報との付き合い方の基盤を作ったように思う。

成長する中で、「情報」との付き合い方は変化してくる。

親子で試行錯誤した2年間が、全てのベースになったのだなと今は思う。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる