Mac miniをカスタマイズしてAppleオンラインストアで購入するとき、初心者が注目する点。

オンライン授業に使用していた、MacBook Proが音を立てて発熱する。

初めての自分専用のPCが、同じ状態になり使用できなくなった経験のあるムスコは、愛機を守るために、Mac miniを購入することにした。

MacBook Proが発熱する。どうしたいのか、会話を通して探ろう。

あくまでメインは、MacBook Pro。

Mac miniは、サブ機として利用する。

ムスコのアイコン画像ムスコ

価格を抑えて、長く使えるスペックを考えたよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

だけど初心者にとっては、Macのカスタマイズはどこから決めていいのか分からなくなる。

  • MacBook Proの発熱にお悩みの人。
  • Mac miniの購入を検討している人。
  • オンライン授業でどんな機器を用意したらいいのかお悩みの人。
  • Appleオンラインストアの商品購入画面でのカスタマイズの方法がわからない人。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

今回は、初心者のかあちゃんがAppleオンラインストアの商品購入画面で分からなくなるポイントも解説します。

ムスコのアイコン画像ムスコ

かあちゃん。こんなところが分からなかったの?

目次

Appleのオンラインストアで、Mac miniをカスタマイズして購入する。

Appleのオンラインストアで、Mac miniをカスタマイズして購入する。

Apple Storeが近くにあれば、喜んで飛んでいくのだけど。

残念だが、かあちゃん達の住む街にはApple Storeはない。

つるし売りモデルなら、家電量販店にはある。

けれども、カスタマイズをするとなると、Appleオンラインストアで手に入れる方が早い。

Appleのオンラインストアを、一番簡単にみる方法は?

Safariのお気に入り画面の一番左上。リンゴのアイコンをタップする。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「え、こんなこと。」と思うでしょう。
だけど、かあちゃんはそこがAppleのオンラインストアとは知らなかった。

最終的に購入したスペック

CPUIntel Corei7 第8世代6コアプロセッサ
ストレージ256GBSSD(当然)
メモリー 16GB必須
ムスコのアイコン画像ムスコ

今回のMac miniに求めたいのは、オンライン授業を問題なく受けることができて、将来長く利用できるスペック。

ストレージを256GBにしたのは、価格を抑えるため。

Appleのオンラインストアに入って、Mac miniの画面を出してみると、2種類のMac miniが表示される。

Mac miniの購入画面。3.6GHzクワツトコアプロセッサ256GBストレージと3.0GHz6コアプロセッサ512GBストレージの購入画面。

画像の引用:Apple公式サイトより

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

どっちのMac miniを購入したの?

ムスコのアイコン画像ムスコ

かあちゃんには、この二つのMac miniの違いがわかる?

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

プロセッサが違う。

ムスコのアイコン画像ムスコ

残念。この購入画面で最初に決めることは、ストレージを256GBにするか512GBにするかなんだ。

選ぶ内容によって、購入代金も上下する。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ストレージは256GBに決定。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

なるほど。まずは自分に必要なストレージを最初に決定するのね。

今回ストレージを256GBにした理由
  • 価格を抑えるため。
  • デスクトップだから、後付けで拡張することが可能。
  • 今メイン機として利用している、MacBook Proのストレージが256GBで問題なく使用できている。

プロセッサはアップグレードさせて、Corei7にしておく。

次は、256GBの選択画面にはいる。

するとカスタマイズの画面が出てくる。

かあちゃんが挫折するのは、この画面だ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

どれを選んだらいいのか、混乱するのよ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ここで、プロセッサを決めるんだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

決めるって、最初からCorei3になっているのに?

Mac miniをカスタマイズプロセッサとメモリを選ぶことができる。

画像の引用:Apple公式サイトより

ムスコのアイコン画像ムスコ

ここからがAppleのカスタマイズなのさ。
プロセッサは、性能を上げておきたいからCorei7を選んだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ある意味、自由に選べるのね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

おもしろいだろ。512GBの標準のプロセッサより、高性能が選べるんだ。
もちろん512GBで選択しても、プロセッサはアップグレードできるよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

だから、最初に決めるのはストレージだったのね。プロセッサは後から考えることができるから。

ムスコのアイコン画像ムスコ

そう。アップグレードで変えられるからね。

メモリーは16GBに決めている。

ムスコが購入するPCは全て、16GBを選んでいる。

最初の自分専用のPCで、メモリーが足りなくなって困った経験から、必ず16GBだ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

PC選びで一番重要視している部分だね。

愛機を守りながら、オンライン授業を快適に受けるために購入するMac mini。

愛機を守りながら、オンライン授業を快適に受けるために購入するMac mini。

そもそもMac miniの購入には、理由がある。

ムスコは家では、MacBook Proを外付けモニターに繋げて、デスクトップ化して使用していた。

今年はコロナ禍で、予備校がオンライン授業になっている。

どうしても長時間の試聴になるので、PCを閉じたまま利用するデスクトップ化は排熱の処理が問題となる。

  • 愛機を守るために、MacBook Proは外での利用。
  • 家では、Mac miniを使う。
ムスコのアイコン画像ムスコ

使い分けをすることにした

中古にしなかったのは、8GBの商品しか見つけられなかったため。

Mac miniの購入を決めた時には、中古も選択肢に入れていた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

自分で商品が確かめられる範囲の中古品には、16GBの商品がなかったんだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

メモリーの16GBは、譲れない選択肢だものね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

自分でアップグレードすることもできるけど、今はリスクは避けたい。

利用の目的は、オンライン授業の試聴だ。

自力でカスタマイズして、万が一動かなくなったときのリスクが怖い。

Appleオンラインストアの整備済製品では、Mac miniは出ていない。

Appleのオンラインストアには、「Apple認定整備済製品」が販売されている。

ムスコのアイコン画像ムスコ

Appleが「新品同様」に再整備して、最大15%引きの特別価格で購入できるんだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

例えばどんな品物が、整備済製品になるの?

ムスコのアイコン画像ムスコ

返品された品物とか、Apple Storeでの展示品と言われているよ。
きれいに梱包し直して、送ってくれる。

  • 購入価格が抑えらえる。
  • どんな品物がいつ入荷するかは、未定。
  • 新品ではない。
ムスコのアイコン画像ムスコ

中古ではない。
サポートも修理サービスも付いているから、自分の欲しい商品が出ていたらラッキー。

だけど、Mac miniは整備済製品に出てくることがまれだ。

今回も探している期間には、出なかった。

ムスコのアイコン画像ムスコ

iPadやMacBook Pro、MacBook Airはよく出てくるよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ムスコの愛機のMacBook Proも整備済製品で購入しました。
学生向けストア価格よりもお安く購入できて、助かりました。

ムスコのアイコン画像ムスコ

浮いたお金が、かあちゃんのMacBook Pro購入資金になったね。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

気長に探せる人には、オススメです。

実際の使い心地は、今まで不安に感じていたことが解消された。

実際の使い心地は、今まで不安に感じていたことが解消された。

Mac miniの購入を決めてからも、何度も迷った。

今回の買い物は「必要だから。」ではなくて、「あったらいいな。」だからだろう。

もちろん目的は、「愛機のMacBook Proを守るための購入。」

大事なMacBook Proのためだ。

最後は購入した。

セティングを終えると、

ムスコのアイコン画像ムスコ

動きが安定している。熱くはなるけど、排熱がしっかりされている熱さ。

Mac miniには、Mac miniの良さがあった。

MacBook Proで外付けモニターを利用していた時に感じた、表示画面のブレが一切ない。

ムスコのアイコン画像ムスコ

モニターに繋げるのなら、Mac miniがオススメです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる