マネータップ(Money Tap)を使って、借りた駐車場代1000円を送金してみた。

家族間での少額の送金に、プリン(pring)を利用していたまいご家。

2020年7月のプリンの改悪により、今後の個人間送金をどうするか、いろいろ考えていた。

プリン(pring)改悪したけど、手数料無料化回数の変更で使い方は変わるのか?

ムスコのアイコン画像ムスコ

マネータップ(Money Tap)を使ってみよう。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

はああ。また新しいやり方をマスターしないといけないのね。

とりあえずマネータップのアプリのダウンロードと、口座の登録は6月中に済ませておいた。

7月中旬にはいり、とうとう少額での送金の機会がやってきた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

駐車場代、1000円貸すから後で送金しておいて。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

マネータップで、送ってみよう。

  • 住信SBIネット銀行のユーザーの人。
  • 手数料無料の送金アプリに興味のある人。
  • スマホでの送金はどうやって行うのか興味のある人
目次

マネータップのサービスは、2種類。送金とQRコード決済。

マネータップのサービスは、2種類。送金とQRコード決済。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「マネー」を「タップ」して送れるから、「マネータップ」。

ムスコのアイコン画像ムスコ

何言ってるの?

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

だって、思ったより簡単に送金ができたよ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

マネータップ最大の特徴は、銀行口座から銀行口座に直接送金、即着金ができること。
かあちゃんが軽口たたけるくらい、操作が簡単だったんだね。

マネータップのサービス
  • チャージ不要のかんたん銀行送金アプリ
  • QRコードで、支払い。(チャージ不要で。銀行口座から支払い)

QRコード決済のサービスを利用できるのは、2020年7月現在まだ東京の一部の店舗です。

今回は、「銀行送金アプリ」としてのマネータップのお話しです。

送金アプリとしての特徴

マネータップの特徴

送金24時間365日、リアルタイム送金
手数料無料
送金限度額1回3万円。1日10万円。
対応銀行住信SBIネット銀行・スルガ銀行愛媛銀行

2020年9月17日より、スルガ銀行の口座は、サービスの安全確認のために一時的に利用を停止しています。

2020年9月30日より、愛媛銀行の口座は、サービスの安全確認のために一時的に利用を停止しています。

メリット
  • 銀行口座からの直接送金が、24時間365日リアルタイムで行える。
  • 手数料が無料
  • アプリの操作が、簡単。
  • アドレス帳の電話番号で、送金ができる。(相手もマネータップに登録していれば)
デメリット
  • 対応銀行の少なさ。
  • 自分の口座にも送金ができるが、実際は使えない。
  • 問い合わせは、メールでのやり取りになる。

マネータップ、実際に使ってみたメリット4選。

マネータップ、実際に使ってみたメリット4選。

[メリット1] 銀行口座から口座へ、直接送金が24時間365日、リアルタイムで行えること。

思い立ったらすぐに送金できるのは、プリンの送金サービスと同じだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

チャージが不要で、口座から直接送金できるところは、プリンよりもさらにお手軽だった。

プリンとマネータップの個人間送金の違い

送金口座に戻す
プリン(Pring)一度プリンに自分の口座からチャージをして、送金。プリン から、自分の口座に戻入れをする。(操作有)
マネータップ(Monry Tap)自分の口座から、直接送金。自分の口座に、直接着金。(操作不要)
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

着金は、残高を確認するだけ。

メールも送られてくるので、管理は楽だ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

送金されたお金をもどす操作がないから、マネータップの方が受け取る方も楽だよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

送る方も、チャージをしなくていいから操作が少なくて、送金も速かった。

[メリット2] 手数料が無料。

主な個人間送金

口座に戻せるか?手数料は?
Pay PayPayPay銀行は無料。
それ以外の銀行は、手数料100円。
LINE Pay手数料220円(税込)
au Pay◯(auじぶん銀行のみ)手数料は、1回目は2万円未満220円(税込)。
2万円以上の場合は、払出額の1%(税別)。
d払い手数料1回220円(税込)。
Pring手数料月1回まで無料。
2回目以降は220円(税込)。
Money Tap直接口座に入金手数料無料。

送る方、受け取る方、どちらも手数料は無料だ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

全てが無料で行えるのは、すごいよね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

個人間送金は、少額の送金が多いから無料でないと使えないよ。

[メリット3] アプリの操作が簡単だった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

一番心配していた部分。

ムスコのアイコン画像ムスコ

かあちゃんは、機器に苦手意識があるからね。

アプリの送金をタップするだけで、簡単に操作ができる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

認証は、かあちゃんの場合はFace IDで完了。

マネータップのアプリ画面の一部。左、支払いのアイコン。中、送金のアイコン。右、受取のアイコン。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

最初はプリンの画面と比べて、シンプルだからビジネスという感じがして、手が出しにくかった。

ムスコのアイコン画像ムスコ

使ってみたら、どう思ったの?

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

画面がシンプルだから、迷わなかった。思ったより、簡単に操作ができたわ!

[メリット4] 相手もマネータップに登録をしていると、アドレス帳から送金ができる。

スマホの操作に慣れていない人が、送金アプリを使う時に一番ドキドキするのは、相手の情報を入力する時だろう。

お金を送るのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

使ってみたら、思ったほど大変ではないのだけど、心理的ハードルは高い。

もし情報を間違えて、違う相手に送ってしまったら大変だ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

そのハードルを下げてくれるのが、アドレス帳からの送金だよね。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「電話番号で送れます。」と言われても電話番号を覚えていないからね。

マネータップのアプリ画面の一部。送金方法。左上、登録口座のアイコン。中央上、送金先QRスキャンのアイコン。右上、電話番号のアイコン。左下、口座番号のアイコン。中央下、自分の口座のアイコン。

電話番号を選ぶと、

マネータップのアプリ画面の一部。振込先の電話番号を入力する部分。電話番号入力のセル。右下に、「アドレス帳から取得」の表示。

「アドレス帳から取得」が表示される。

マネータップのアプリの画面の一部。入金金額を入力する画面。金額を入力したセルの右に、「OK」をタップする部分がある。

金額を入金して、OKをタップすれば完了だ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

相手がマネータップに登録していれば、ノンストレスで送金が完了する。

ムスコのアイコン画像ムスコ

家族間なら、アドレス帳に電話番号を入れているものね。

デメリットは、とにかく対応銀行の少なさ。

デメリットは、とにかく対応銀行の少なさ。

今のところ、住信SBIネット銀行・スルガ銀行・愛媛銀行しか使えない。

他の個人間送金ができるシステムに比べて、圧倒的に少ない。

[デメリット1] 対応銀行の少なさで、「家族間」のような身内での送金しか利用できない。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

高額での送金は、銀行アプリのオンラインバンキングを利用。少額の送金は、お手軽なマネータップを利用というスタイルになるね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

家族でメインでやり取りする銀行を、揃えておくことが必要だね。

反対に個人間送金なので、身内で送金できれば目的は達成しているとも言える。

[デメリット2] 自分の口座にも送金できるが、対応銀行の少なさで実際は不可能。

マネータップ側は、他行の自分名義の口座にも手数料無料で送金OKと語っている。

約款上は、そうなのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「スルガ銀行」や「愛媛銀行」の口座は持っていない。

3行しか対応していないために、実際にこのシステムを利用することは不可能なのだ。

[デメリット3] マネータップの問い合わせは、メールのみ。

新しいサービス、特にキャッシュレスに関係するものは、お問い合わせはメールの場合が多い。

でも、利用する立場から考えると、電話ですぐに解決できる方が安心だ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

特にお問い合わせをする時は、緊急時だから、すぐに電話で聞けるという安心感はうれしい。

ムスコのアイコン画像ムスコ

でも、メールに「書く」ことで、冷静になれるというメリットもあるよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

電話でのお問い合わせが、クレーマーになってしまってはいけないよね。
利用する側のモラルも、求められている。

本当は電話での対応がうれしい。

「手数料無料」である以上、「メールでのお問い合わせのみ」は仕方がないとは思う。

マネータップは、運営会社もシステムも過渡期のもの。

マネータップは、運営会社もシステムも過渡期のもの。

マネータップのシステムは、「全銀システム」とは違う。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

そもそも、送金に利用しているシステムが今までのものとは違う。

従来のオンラインバンキングに代表される、送金システムは「全銀システム」を利用していた。

全銀システムとは?

銀行間の内国為替取引をオンライン・リアルタイムで中継するとともに、取引に伴う資金決済を行うための銀行間ネットワークシステム「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」

引用:全国銀行資金決済ネットワークHPより

マネータップの場合は?

ファンティクの時流により、DLT(分散台帳技術)を活用した高機能・低コストの「次世代金融インフラ」を提供します。金融機関とAPIで接続することにより、内国為替、外国為替を一元的に行い効率的な決済を可能にします。

引用:Money Tap HPより
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

難しい言葉が並んでいるけど、同じ送金でもやり方が違うということよね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

今は過渡期なんだよ。どちらのシステムが生き残るか。

マネータップの株主には、多数の地銀が参加している。

今回この記事を書くために、マネータップのHPで会社概要を確認した。

マネータップの会社概要

商号マネータップ株式会社
設立2019年3月19日
株主SBIホールディングス・Ripple Labs・足利銀行・阿波銀行・愛媛銀行・大垣共立銀行・北日本銀行・きらぼし銀行・群馬銀行・京葉銀行・三十三銀行・山陰合同銀行・滋賀銀行・静岡銀行・島根銀行・清水銀行・新生銀行・住信SBIネット銀行・スルガ銀行・セブン銀行・仙台銀行・大和証券グループ本社・筑邦銀行・東邦銀行・東和銀行・栃木銀行・広島銀行・福井銀行・福岡中央銀行・福島銀行・北陸銀行・みちのく銀行・三井住友銀行・三井住友信託銀行・宮崎銀行・山口フィナンシャルグループ(山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行)、他1金融機関
2021年5月現在
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

これだけの銀行が株主で参加しているということは、将来これらの銀行が、送金できるようになるかもしれない。

ムスコのアイコン画像ムスコ

お金の流れが変わるね。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

これからも注目をしておかなければならないサービスということね。

しかもこの銀行の中には、まいご家のとうちゃんの給与振込口座の銀行。

かあちゃんの現在の給与振込口座の地銀もある。

とりあえず、「迷子」にならないように家族間の少額送金に利用しながら、状況を追っておこう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる