「au PAY プリペイドカード」はキャッシュレス初心者になぜおすすめなのか?

auユーザーなら、auと契約をすると自動的に送られてくるカード。

それが「au PAY プリペイドカード」だ。

今はauユーザーでなくても、利用できるようになっている。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

正直キャッシュレスを進めるまでは、メインでは使っていなかった。

キャッシュレスを進めると、「プリペイドカード」ならではの良さに気づいた。

  • クレジットカードを使うのが怖くて、現金決済をしている人。
  • まだクレジットカードを持てない、未成年の人。
  • クレジットカードを持つことができないけれど、キャッシュレスを進めたい人。
目次

プリペイドカードは現金をお財布に入れておくように使えて、キャッシュレスにも対応できる。

プリペイドカードは現金をお財布に入れておくように使えて、キャッシュレスにも対応できる。

(2020年5月21日よりサービスの名称が変更となるため、新サービス名で書いています。実際に手元にあるカード名は「au WALLET プリペイドカード」です。)

ユーザーにとっては、契約時にもれなくついてくるお馴染みのカードだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

プリペイドカード は、auと契約をした2016年から使っている。

プリペイドカードに国際ブランドのMasterCardが付帯されているので、クレジットカードして使えるのだ。

  • まだクレジットカードが持てない未成年でも、クレカ決済ができる。
  • 入金した金額しか利用できないので、使い過ぎを防止できる。
  • 現金でチャージをして、キャッシュレス決済をすることも可能。

プリペイドカードをお財布にして、対面での決済で利用する。

プリペイドカードは、チャージをした金額しか使えない。

カードに入金している金額から、即時決済される。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

カードをお財布と考えれば、現金決済と感覚は変わらない。

ムスコのアイコン画像ムスコ

しかも現金と違うのは、使った金額に対してポイント還元があること。

「プリペイドカード」のデメリット。入金しないと使えない。

メリットはデメリットにもなる。

プリペイドカードは、入金した金額しか使えない。

利用していなかった理由
  • プリペイドカードに入金をしないと使えない。
  • 入金方法が限られていた。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

キャッシュレスを進めるまでは、積極的に使ったことはなかった。

ムスコのアイコン画像ムスコ

使い勝手の良いカードとは、言えなかったよね。

「au PAYプリペイドカード」へのチャージ方法が増えたことで、使いやすいカードになった。

「au PAYプリペイドカード」へのチャージ方法が増えたことで、使いやすいカードになった。

「au PAY プリペイドカード」が使いやすくなった1番の理由。

それは、2019年6月からセブン銀行ATMでの入金ができるようになったことだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

それまでもローソンのレジで入金は出来だけど、かあちゃんの住む地域にはローソンの店舗がなかった。

ムスコのアイコン画像ムスコ

au店舗の店頭での入金も、プリペイドカード への入金で1時間待ちと言われたこともあったよ。
さすがに聞き返したら、すぐに入金してくれたけど。

はじめてチャージをする時に感じるメリット・デメリット。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

初めてチャージをする人が思う、不安を書き出してみた。
実際に私も、このような不安を感じて、チャージの方法を模索していた時期がある。

難易度メリットデメリット送金払出
au じぶん銀行
時間・場所を問わずにチャージができ、オートチャージの設定もできる。「au じぶん銀行」の口座開設が必要。取引銀行を増やしたくない人には不向き。
その他の銀行
自分の取引銀行を登録できる。時間・場所を問わずにチャージができる。現状は、ローソン銀行のみ。
Pontaポイント×
ポイントを1P=1円で利用できる。初めて利用する人にはチャージをするポイントがない。
ローソン銀行ATM
コンビニATMで入金ができる。店舗が近くにないと、使えない。
ローソンチャージ
コンビニ店頭でチャージができるので、機械操作が不安でもハードルが低い。店舗が近くにないと、使えない。
セブン銀行ATM
コンビニATMで入金ができる。店舗が近くにないと、使えない。
au ショップ
ショップ内の「auSaKuTTO」で入金する。全ての店舗に機器が導入されているわけではない。
au かんたん決済
時間・場所を問わずにチャージができる。
通信料金と合算になるので、生活費決済としては使いたくない。×
クレジットカード
時間・場所を問わずにチャージができる。最初の登録に心理的ハードルがある。×
au PAYスマートローン×
借入なので、キャッシュレスとは別物。

コンビニATMを使って、現金でチャージができるようになるとお財布感覚にグッと近づく。

カードを使う心理的ハードルが低くなる。

最初の一歩はチャージのハードルが低い、現金での入金からはじめる。

実際に、一度「d払い」でキャッシュレスを挫折したばあちゃんに、最初にすすめたのは現金でのチャージだった。

お金の流れが目に見えるので、拒絶感が少ない。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

セブンATMでの入金方法を教えた。何度か繰り返して入金するとできるようになった

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

ATMでのお金の出し入れは、いつもの行動だから気持ちは楽だった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

空いている店舗で、分からなくなったら画面の表示をじっくり見るように何度もアドバイスした。

もともと「d払い」が挫折したのは、通信料金との合算払いで内訳の確認が取れなかったからなのだ。

ばあちゃん、通信料金との合算払いのキャッシュレスに戸惑う。

目に見える行為は、高齢者のキャッシュレスへのハードルをかなり下げてくれる。

現金でチャージができる方法は、4つ。

 現金でチャージができる方法は、2020年9月現在は4つある。

  • ローソン銀行ATM
  • ローソンチャージ
  • セブン銀行ATM
  • au ショップ
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

年々、チャージができるところが増えている。

初めてカードを持った頃から考えると、入金する場所が増えて本当に使いやすくなったと思う。

キャッシュレスをはじめる時の最大の不安は、お金の出し入れが見えなくなることへの不安だ。

現金でチャージをする方法は、今までの自分のスタイルに近いので抵抗なく取り入れやすい。

チャージをすることに慣れてくると、今度は場所や時間を限定されない方法に目が向くようになる。

チャージをすることに慣れてくると、今度は場所や時間を限定されない方法に目が向くようになる。

現金でチャージをして、プリペイドカードを使ってスーパーでクレジット決済をする。

この動作を繰り返していると、自然と気づくことがある。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

アプリの中の履歴に、いつ・どこで・どれだけ使ったかが表示してある。

「au PAYプリペイドカード 」は、au PAYアプリと連動している。

だから、残金・利用履歴・現在のポイントがアプリで確認できるのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ばあちゃんのお気に入りは、利用履歴とポイントの表示。

ムスコのアイコン画像ムスコ

キャッシュレスにそんなに興味のなかったばあちゃんも、この機能の便利さに日常の買い物の決済には「au PAYプリペイドカード 」を使うようになった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

物理カードと現金でのチャージが、心理的ハードルを下げてくれた。

利用履歴の表示と増えていくポイントで、キャッシュレスへのモチベーションが高まった。

クレジットカードでチャージをすれば、場所や時間も気にせずチャージができる。

現金でのチャージの場合、ばあちゃんは買い物の前にチャージをするためにコンビニに寄っていた。

月に2回程度のチャージをしていた。

けれども、スーパーに行く前に銀行のATMから現金を引き出し、コンビニATMで入金するという方法に、だんだん負担を感じるようになってきたのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

チャージをして使うことに慣れてきた4ヶ月目くらいに質問をされた。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

クレジットカードでチャージをすることはできるの?

クレジットカードでチャージしたプリペイドカード と、クレジットカード決済はどう違う?

ばあちゃんは、2019年10月のキャッシュレス還元ではスーパーでクレジットカードを使っていた。

そうすると、クレカの明細にスーパーの日付と金額が記入されて明細が長くなる。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

クレジットカードの明細を確認するのが大変。

クレジットカードでチャージをすると、どうなる?
  • クレジットカードでのチャージなら、家にいながらスマホで操作できる。
  • 支払いは、月に1度のクレジットカード会社の引き落とし。
  • 明細は、チャージをした金額で表示されるので確認も簡単。

「au PAYプリペイドカード 」を日常決済のメインに使いはじめたのは、即時決済で明細の確認が不必要なことが決め手だった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

即時決済で後から請求がないことも、プリペイドカードを日常使いするメリットだったのだ。

プリペイドカード にクレジットカードで入金すると、明細の表示は入金した金額と日付のみ。

プリペイドカードで利用した明細は、アプリの履歴で見ることができる。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

クレジットカードで入金がしたいわ。

しかし、ばあちゃんのクレジットカードでのチャージは難航する。

  • MasterCardを持っていない。
  • チャージができるクレジットカードは「家族カード」での発行。

理想のクレジットカードと現実に発行ができるカードを見極めよう。

クレジットカードでチャージをする最大のメリットは、チャージをしたクレジットカードにポイントがつくこと。

ポイント還元という側面から考えると、クレジットカードチャージが最強なのだ。

チャージをしたクレジットカードのポイントと、プリペイドカードを利用した時につくポイントの二重取りができる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

「楽天カード」でチャージをした場合は、こうなる。

STEP
クレジットカードからプリペイドカードにチャージをする。

「楽天カード」から「au PAY プリペイドカード 」にチャージをする。

「楽天カード」を利用するので、楽天ポイントが1%つく。

STEP
プリペイドカード を利用する。

「au PAYプリペイドカード 」を利用するので、Pontaポイントが0.5%つく。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

合計で、1.5%還元のポイントが入手できる。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

現金決済だと、0%なのに。
知らないとすごい差になるのね。

高齢者へキャッシュレスを提案する時に注意したこと、3点。

ポイントの二重取りを理解できると、キャッシュレスやスマホ操作に抵抗があってもチャレンジする意欲が湧いてくる。

反対に、ここまで理解できないと理由をつけて始めようとはしなかった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

それでも、高齢者に一人でクレカチャージは難しい。

一人でクレカチャージができるようになるまでに試したこと。
  • ノートに自分の言葉でメモを取るように促す。
  • 3回目くらいからは、一人でスマホを操作をするように促す。
  • 分からないところは、自分でメモを増やすように促す。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

最初は、メモを自分で取ることから促した。

何度か繰り返すうちに、一人でチャージができるようになった。

一つのサービスでクレカチャージができるようになると、他のサービスにもチャレンジできるようになった。

ポイントアップ店で利用すると、ポイントが増量される。

ポイントアップ店で利用すると、ポイントが増量される。

「au PAY プリペイドカード 」を利用すると、200円ごとに1P〜3Pの増量があるのがポイントアップ店だ。

コンビニやドラッグストア。居酒屋や書店など幅広い。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

よく利用しているのは、セブンイレブンや紀伊國屋書店。

スターバックスカードへのチャージは、200円ごとに3Pの増量。

スターバックスもポイントアップ店なのだ。

ただし、スターバックスカードへのチャージに限られる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

スターバックスカードへのチャージは、ポイント交換での入金もあるが、「au PAYプリペイドカード 」を登録して、スターバックスカードに入金する方がお得。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ポイントアップ店なので、通常のポイント還元+200円ごとに3Pが増量される。だから、200円につき4ポイントだね。 

お問い合わせは、カード裏面のカスタマーセンターへの電話。

お問い合わせが必要な時というのは、どういう場合だろうか?

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

かあちゃんは、身に覚えのない請求が来た時にお問い合わせをした。

大体、ネット決済に利用して返金処理がある場合だ。

「au PAY プリペイドカード 」をネットショッピングで利用して返金処理。謎のメールで大慌て

「au PAYプリペイドカード 」のお問い合わせは、カードの裏面のカスタマーセンターになる。

これが電話でお問い合わせができるのだ。

クレジットカード会社なら当たり前のことだが、プリペイドカードやデビットカードだとメールでのやり取りが多い。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

焦っているし、対応をすぐにしてもらえる安心感がある。

初心者がお財布感覚で使えるカードの仕掛けがたくさんある。

クレジットカードを使いたくない人には、現金でチャージができ即時決済で請求がこないこと。

キャッシュレスだと、使った金額の管理が心配な人には、アプリで履歴が管理できること。

何より、現金決済だと得られないプリペイドカードのポイント還元があること。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

現金での決済にこだわる人にこそ、プリペイドカードの便利さに気づいて欲しい。

さらにクレジットカードでチャージができるようになると、使いやすさとポイント還元のお得さが増す。

最後には、スマホの操作に慣れてくる。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ポイントという目に見える形のメリットがあるから、モチベーションが保ちやすい。

キャッシュレスの最初の一歩として、プリペイドカードはおすすめなのだ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる