「ミライノ デビットプラチナ」のメリット4点。スマプロのランクアップだけではないカードの魅力。

コンビニATMの手数料を無料で使える回数を増やすために、住信SBIネット銀行のスマートプログラムのランクアップをしたかあちゃん。

ランク3までは、ハイブリット預金と外貨預金を開設して「ミライノ デビットカード」を月10,000円以上利用することでことで達成できた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ランク3は、ATMの利用回数の無料が、月10回まで。
しかも「ミライノ デビットカード」をクレジットカードとして利用しないオレには、ランク3へのランクアップの条件が厳しいよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

最後の条件の月10,000円以上のカードの利用が、ハードルが高いのよね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ランク2のATM無料回数、入出金月5回では使いにくい。

ところがとうちゃんは、ランク2の条件でランク4をキープしている。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ミライノ デビットをプラチナカードにすることで、2ランクアップでるんだ。ランク2ならランク4になる。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

月15回まで無料なら、問題ないな。

手数料無料回数のために、プラチナカードに変更したのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

他にもメリットがあるの?

  • 住信SBIネット銀行を利用している人。
  • MasterCardのプラチナカードに興味がある人。
  • クレジットカードが持てない高校生で、デビットカードに興味がある人。
  • モバイル保険やBoing-Wi-Fiに興味がある人。
目次

「ミライノ デビット」は、住信SBIネット銀行のキャッシュカードに付帯しているデビットカード。

「ミライノ デビット」は、住信SBIネット銀行のキャッシュカードに付帯しているデビットカード。

「ミライノ デビットカード」は、住信SBIネット銀行の口座を開設すると、キャッシュカードと一体となって発行される、デビットカードだ。

MasterCardとVISAが付帯されているので、クレジットカードのように利用できる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

デビットカードは、カードで支払うと同時に銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。

ムスコのアイコン画像ムスコ

利用限度額=口座残高になるので、クレジットカードに慣れていない人にも安心して使えるカードと言われているよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

利用金額に対して、ポイント還元があるので、現金で支払うよりお得になるのがいいよね。

メリット4点

  • 審査不要でプラチナカードが持てる。
  • 住信SBIネット銀行のスマートプログラムが2ランクアップできる。
  • カード付帯サービスに、モバイル端末保険が無料でついている。
  • 世界100カ国、国内でdocomo・auのWi-Fiスポットが使える「 Boingo Wi-Fi」が無料で利用できる。

デメリット3点

  • デビットカードの年会費としては、11,000円と高額。→プラチナカードの年会費としては、リーズナブル。
  • 申し込み後にすぐに年会費が引き落とされるので、口座残高に注意が必要。
  • Apple Payには未対応。

「ミライノ デビット プラチナ」のメリット4選。

「ミライノ デビット プラチナ」のメリット4選。

[メリット1] 審査不要でプラチナカードが持てる。

これはデビットカードだからできることだ。

デビットカードはもともと与信審査がない。

銀行口座残高の範囲内でしか、使えないからだ。

しかも、15歳以上(中学生は除く)から申し込みができる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

極論を言うと、15歳以上で中学生でないなら、プラチナカードを持つことができる。

ムスコのアイコン画像ムスコ

デザインが、かっこいいんだ。お財布の中に入れておきたいと思わせる。

[メリット2] 「ミライノ デビット PLARINUM(MasterCard)」にグレードアップすると、スマートプログラムが2ランクアップする。

スマートプログラムのランク表

ランク4ランク3ランク2ランク1
ATMご利用手数料 無料回数20回月10回月5回月2回
振込手数料 無料回数(他行宛)月20月10回月5回月1回
  • 2021年4月より、スマートプログラムの優遇サービスが改定されます。
  • 上記ランク表の運用開始時期は、2021年6月からとなります。
  • ATM手数料の無料回数は、「入出金」での回数となります。
ムスコのアイコン画像ムスコ

ランク4あれば、ATM手数料無料回数が、月20回まで利用できるよ。(2021年6月から)

住信SBIネット銀行のランクアップ条件は、下記のカードでも2ランクアップできる。

  • ミライノ カード GOLD(JCB)
  • ミライノ カード PLATINUM(JCB)
  • ミライノ カード Traveler Gold(MasterCard)
  • ミライノ デビット PLATINUM(MasterCard)

「ミライノ カード」の場合は、引き落とし口座を住信SBIネット銀行にすること。

とうちゃんは、クレジットカードをこれ以上増やしたくないので、ミライノ デビットプラチナカードにすることにした。

ムスコのアイコン画像ムスコ

オレ達の世代では、他の方法ではランク4は不可能だからミライノ デビットプラチナでランクアップできるのは、うれしい。
しかも、クレジットカードの一つとしても利用できる。

[メリット3] 付帯サービスにモバイル端末の保険がついてくる。

まずは、一般カードとプラチナカードの内容の違いを見てみよう。

ミライノ デビット カードラインアップ表

一般(MasterCard)プラチナ(MasterCard)一般(VISA)
年会費無料11,000円(税込)無料
ポイント還元率0.8%1.0%0.6%
非接触決済対応対応対応
付帯サービス・年3回、空港ラウンジキーの利用料が無料
・ショッピング保険年間100万円
・海外旅行傷害保険最大1億円
・モバイル端末の保険(通信端末修理保険)
・Boingo Wi-Fiが無料

年会費・ポイント還元率、付帯サービスに違いがある。

今回は、付帯サービスの違いを見ていきたい。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

付帯サービスは、他社クレジットカードでカバーできるから特にメリットは感じないんだけど。

ムスコのアイコン画像ムスコ

そこは、高額な年会費を払うクレジットカードがまだ持てない若者とは、意見が違うね。

ある程度の年会費を払うクレジットカードなら、ここに記載されている付帯サービスは補償されている。

「ミライノ デビットプラチナカード」の付帯サービスとして目新しいものは、モバイル端末保険だ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

スマホの本体価格が、かなり高額になってきているから、あればうれしい補償だね。

[メリット4] 付帯サービスの中に、「Boingo Wi-Fi」の利用無料があるので、docomoとauのWi-Fiスポットが利用できる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

このサービスが一番気になる。

Boingo Wi-Fiとは?

  • 6大陸にわたる100カ国でアクセス可能なWi-Fiサービス。→海外でも利用できる。
  • 日本国内では、docomoとauのWi-Fiスポットが利用できる。→カフェなどで使える。

「ミライノ デビットプラチナカード」なら、無料で利用できる。

繁華街ならかなりカバーできる。

実はムスコは以前、「ミライノ デビットプラチナ」を2年利用していた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

カードの申し込みをした時には、このサービスを知らずに申し込んだんだけど、一番利用している。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

モバイルルーターを契約するよりも、このサービスを使う方がいいな。

ムスコのアイコン画像ムスコ

飛行機を利用した時も、インフライトで使えたから助かった。

デメリットは、やはり年会費の高さ。

デメリットは、やはり年会費の高さ。

ムスコが「ミライノ デビットプラチナ」をダウングレードしたのは、年会費の高さが最大の理由だ。

「ミライノ デイビットカード」が年会費無料に対して、プラチナカードの年会費11,000円はやはり高く感じる。

ムスコのアイコン画像ムスコ

2年目の年会費の引き落としがされた時には、年会費の高さを実感した。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

最初に申し込みをした時は、プラチナカードへの興奮もあるものね。

「プラチナカードの年会費」としては、安いとも言える。

ただ、プラチナカードの年会費としては、お安い部類に入る。

ムスコのアイコン画像ムスコ

年齢・社会的身分のどちらも、まだクレジットカードのプラチナカードは持てないからね。

プラチナカード年会費の例

  • JCBプラチナ 27,500円
  • セゾンプラチナ・アメリカン・エクスプレスカード 22,000円
  • エポスプラチナカード 30,000円
  • 三井住友カードプラチナ 55,000円
  • アメリカン・エクスプレス・プラチナカード 143,000円

プラチナカードのお試しとしては、有効な手段だ。

申し込み後すぐに、年会費の引き落としがされる。

デメリットというより、注意点だ。

デビットカードの特徴上、即時決済だ。

あらかじめ口座に年会費11,000円分も入れておかなければならない。

ムスコのアイコン画像ムスコ

継続時の年会費の引き落としには、注意が必要だよ。

サービスとして魅力を感じるが、ランクアップのためだけにプラチナカードにするのは、注意したい。

サービスとして魅力を感じるが、ランクアップのためだけにプラチナカードにするのは、注意したい。

トータルで考えて、魅力的なカードなのは納得できる。

ただランクアップのためだけに発行するのは、少し注意したい。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

ええ。そのためだけにカードをグレードアップしたんだが。。。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

とうちゃんは自分のクレジットカードをこれ以上増やしたくないので、「ミライノ デビットプラチナ」にグレードアップすることで、スマプロランク4をキープしているんだけど。

ムスコのアイコン画像ムスコ

他にもランク2からランク4に2ランクアップするカードは、あるからな。

「ミライノ カードGOLD(JCB)」と「ミライノ カードPLATINUM(JCB)」「ミライノ カードTravelers Gold(MasterCard)」の保有でも2ランクアップが可能。

この3つのカードは、カード利用の引き落とし口座を住信SBIネット銀行に指定することで、スマプロランクが2ランクアップできるのだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

3つのカード、それぞれを見ていく。

ミライノ カード PLATIUミライノ カードGOLDミライノ カード Travelers Gold
ブランドJCBJCBMasterCard
年会費27,500円(税込)3,300円(税込)11,000円(税込)
ポイント還元率1.2%1.0%1.2%
サービスプラチナコンシェルジュ
プライオリティ・パス
空港ランジサービス
空港ランジサービス空港ランジサービス
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

年会費が一番お安くて、2ランクアップが可能なのは「ミライノ カードGOLD」だね。

ムスコのアイコン画像ムスコ

かあちゃん、「クレジットカード」だから審査があることを忘れるなよ。

「ミライノ デビット」をプラチナにグレードアップするのは、どんな人がいいのか。

「ミライノ デビット」をプラチナにグレードアップするのは、どんな人がいいのか。

どうしても、住信SBIネット銀行のスマートプログラムをレベル4まで上げたい人には、レベル4の他の方法より手軽にできる。

まいご家では、とうちゃんがそうだ。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

現金を利用することが多いから、ATM無料回数は多い方が安心。

クレジットカードを使いたくない。

クレジットカードの審査不要で手軽に持ちたい。

とうちゃんのアイコン画像とうちゃん

上記2点の理由から「ミライノ カード」を発行するのではなく、「ミライノ デビット」をアップグレードすることでランク4にした。

ムスコのアイコン画像ムスコ

オレは「ミライノ カードGOLD」の発行を試してみようかな。

「ミライノ デビット」でショッピング保険の安心感が欲しければ「プラチナカード」にしたい。

いろいろなメリットがあるが、最終的にはクレジットカードとして利用しているかどうかで判断するといいと思う。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ショッピング保険がついていることへの安心代としての年会費なら、払う価値がある。

街中でのネット利用が多い人にもおすすめ。

モバイル保険・Boingo Wi-Fiと、ネットを使いこなすこ人にはうれしい付帯サービスもある。

この付帯サービスに価値を見出せる人にも、オススメのカードだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

気分転換を兼ねて、カフェで仕事や勉強をする人は、検討してみたらいいと思う。

モバイル端末を使い外で作業をする人には、とてもオススメのカード。

「ミライノ デビットプラチナ」を保有していた時、ムスコがスマホを落とした。

早速モバイル保険のお世話になった。

ムスコのアイコン画像ムスコ

修理費用が高いから、焦ったよ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

モバイル保険があるから、気持ちにゆとりが持てた。

  • モバイル端末を使い外で作業をする人。
  • Wi-Fiを使いたい人。
  • どうしてもスマートプログラムをランク4にあげたい人。

この3点に当てはまる人は、「ミライノ デビットプラチナ」をオススメする。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる