一人暮らしを始めたムスコ、クレカの限度額の増額申請をする

予備校に通うため、一人暮らしをはじめたムスコ。

理想は多拠点生活だったが、withコロナで思いとは違う生活がスタートした。

ステイホームで、部屋から出られない日々。

どうしてもネット通販やUber Eatsの利用が増えてしまった。

気がついた時には、クレジットカードの限度額がオーバーしそう。

ムスコのアイコン画像ムスコ

通信費の支払いが限度額オーバーで、引き落としできなかったら困る。

  • クレジットカードの限度額を増額申請したい人。
  • 未成年でクレジットカードを持たせるとどんな生活なのか?興味がある人。
目次

カード会社は、理由があれば話を聞いてくれる。

カード会社は、理由があれば話を聞いてくれる。

今までも何度か、増額申請を行なっていた。

  • 大学受験料をクレジットカードで支払うため、一時増額申請をした。
  • 個人事業主の開業届けを出したので、「無職」から「自営業」に職種を変更して増額申請をした。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

未成年でも、理由が通っていたらカード会社は耳を傾けてくれた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

もちろん、オレのクレヒスの積み上げは大前提だよ。

こちらの事情を伝えると、検討はしてくれる。

大学受験料の支払い時は、一時増額をした上で口座入金をして早めに返済した。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

この出来事で、カード会社との信頼関係を築いた。

一人暮らしを始めたら、COVID-19の影響で現金を使わない生活をしてクレカの限度額がピンチ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

クレジットカードの限度額が心配。

これは盲点だった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

でも、外出をしない。現金を使いたくない。今の情勢ではあり得ることだ

予想よりクレジットカードを使う金額が増えた理由

  • 引越しをしてから必要なものをネットで注文している。
  • テイクアウトなど買い物は現金を使いたくないので、キャッシュレスでの支払いを選ぶ。
  • 出かける回数を減らそうと、Uber eatsを頼むと基本クレジットカードでの決済になる。

一人暮らしの外出自粛生活、クレジットカードを利用することが増えた!!

緊急事態措置が行われる直前、一人暮らしをスタートしたムスコ。

ところが、人生はじめての緊急事態宣言下での生活を送ることになった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

新居で使う収納が欲しいけど、人が殺到していると報道されている、ホームセンターに出かける気分にはならない。

配送の遅れがあり不便だが、全てネットで手配することにした。

ムスコのアイコン画像ムスコ

当然、支払いはクレジットカードでの決済になる。

スーパーでの買い物も、イオンネットスーパーを活用している。

こちらも、クレジットカードでの支払いだ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

気がつけば、全てがクレジットカードでの決済となっていた

セゾンATMが置いてある店舗は、休業している。

ムスコがメインで利用しているカードは、「セゾン・ブルー・アメリカン・エクスプレスカード」だ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

今まで限度額が心配な時には、セゾンATMで入金していた。

月末が近づき、4月分の引き落としの明細を確認したムスコ。

  • withコロナの自粛生活で、クレカの支払いが増えてしまっていた。
  • 定期的な出費(サブスクリプション)の金額を入れると、自分が思っていた以上の金額になると気づいた。
ムスコのアイコン画像ムスコ

まだ、通信費の支払いも請求されるんだ。

いつものようにセゾンATMで入金したいが、ATMが設置されている店舗は休業のために、入ることが出来ない。

ムスコも自衛のため、店舗が休業する直前に、手持ちの現金は入金をしておいた。

コロナ禍で、自分で対処できる方法が使えなくなった。

セゾンAMEXのカスタマーに電話をして、相談しよう。

セゾンAMEXのカスタマーに電話して、相談しよう。

まずは、カスタマーセンターへ相談の連絡をする。

ムスコのアイコン画像ムスコ

オレ、結構カスタマー慣れしてるんだ。

いつもは数秒で繋がるフリーダイヤルが、今回は話中になっていて繋がならない。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

こんなところが平時ではなく、緊急時だと改めて感じる。

最初は、セゾンATMへの入金を勧められる。

最初は、ATMでの入金を勧められた。

ムスコのアイコン画像ムスコ

今は、ATMが設置されているビルが休業しているので、建物の中に入れない。

事情を説明すると、今度はセゾンの口座に直接振込をすることを提案される。

ただし、6月分の請求の入金扱いになるため、4月分の請求には反映されない。

この方法では、4月分の限度額は変化しない。

4月の通信費が、限度額オーバーになり、引き落としがかからないかもしれない。

カスタマーと相談して、増額申請を行うことにした。

ムスコのアイコン画像ムスコ

今回の事態を解消して限度額にゆとりを持たせるには、増額申請しかないのでお願いすることにした。

増額申請をする時に注意をしたこと
  • 未成年が申請できる、現実的な金額を提示した。(20万から30万へ)
  • カード会社が提示した、セゾンの口座への直接振込入金も行うことにした。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

会話をしながら、少しづつお互いが歩み寄る感じ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

年齢的に妥当な金額を提示したから、カスタマーの人も「よく事情を知っているね。」と言う雰囲気だった。

カスタマー側も、どうにかして解決しようとしてくれる。

こちらができることを、最大限行うことで申請をしてもらえた。

電話を切った直後に、提示されたセゾンの口座への振込を行う。

未成年者なので、保護者に電話で確認が来たら審査完了。

未成年者なので、保護者に電話で確認が来てから審査完了。

今までも臨時を含めて、2回ほど増額申請をしたことがある。

カード契約者が未成年者の場合、カード会社から保護者に審査を通過した旨の電話連絡が入る。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

無事に審査が完了して、保護者への確認の電話がかかってきた。

この電話で、親権者2人の意志を確認することが、審査の最後のステップ

契約者に郵送で、通知が届く。

実は今回の申請は、お互いの認識が違って少し混乱した。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

電話では、「これから恒常的な増額申請が許可されました。」と言われたよ。

ムスコのアイコン画像ムスコ

えっ。オレは、一時的な増額申請をお願いしたんだけど。

どちらの認識が正しいのか、郵送での通知を待った。

結果は、かあちゃんの認識の「今後は、30万円に限度額を増額します。」と言うものだった。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

COVID-19の影響への配慮かな?

巣ごもり消費にはクレカを一番利用する。カスタマーには正直に事情を話して、WINーWINの関係を築こう。

巣ごもり消費にはクレカを一番利用する。カスタマーには正直に事情を話して、WINーWINの関係を築こう。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

巣ごもり消費では、全ての決済がクレカになる。

ムスコのアイコン画像ムスコ

限度額の低い若者には、大変だった。

今回、増額申請に応じてもらえた理由を考えてみた。

  • 正直に困っている事情を相談して、対処法をカスタマーの人と一緒に考える。
  • 支払いは、迅速に行う。
  • 一時増額をお願いして、返済の実績を作っておく。
ムスコのアイコン画像ムスコ

やっぱり過去、一時増額を引き落としよりも早く、ATMに入金して返済したことが、信用に繋がっているように思う。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

日々のお付き合いの積み重ねの強みだね。

AMEXのカスタマーセンターは、セゾンカードの中でもAMEX専用のカスタマーだ。

いつも迅速に対応していただいている。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

今回も、丁寧な対応ありがとうございました。

ムスコのアイコン画像ムスコ

ただやはり有事の際には、電話が繋がりやすいカスタマーがいいなと改めて思った。

このあたりはムスコの今後のカード戦略の、重要ポイントとなるのだろう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる