「au PAY プリペイドカード」にチャージをしたらどう使う?

プリペイドカードを使うために、チャージをしたら次はいよいよお店で使いはじめられる。

ところが、「au PAY プリペイドカード」の使い方は3通りある。

いつも店舗で決済をする時に、どの決済方法を使うのか迷子になるのが、ばあちゃん。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

「au PAY」 を使えばいいのよね。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ここは、「QUICPay」。

場所と決済方法が自分の中で整理できるまでは、どの決済方法を使うのか混乱していた。

  • 「au PAY残高」からのキャッシュレスの方法を知りたい人。
  • 店舗で利用するキャッシュレスの流れを知りたい人。
目次

チャージをしたら、使い方は3通り。

チャージをしたら、使い方は3通り。


ローソン銀行ATMやセブン銀行ATMを利用したチャージや、クレジットカードを利用したチャージ。

「au PAY プリペイドカード」はキャッシュレス初心者になぜおすすめなのか?

チャージの方法は色々あるが、「au PAY プリペイドカード」にチャージをしたあとは使い方だ。

  • 物理カードの「プリペイドカード」を使って、クレジット決済に利用する。
  • QRコード決済の「au PAY」を利用する。
  • 電子マネーの「QUICPay+」に利用する。
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

還元率はどの方法も、0.5%還元。
使う場所によって、決済方法を考えながら使う。

プリペイドカードを利用して、MasterCardでのクレジット決済に利用する。

一番使える場所が多いのが、MasterCardを利用したクレジット決済だ。

スーパー・コンビニ・デパートでも利用できる。

MasterCardが使える場所で、目的の品物の金額がチャージされていれば、使えない場所はない。

使っている場所
  • QRコード決済や電子マネーに対応していないスーパー
  • デパ地下での買い物
  • コストコ
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

物理カードを利用しないと買い物ができない場所で、使っている。

クレジット決済だが、プリペイドカードなので即時決済される。

キャッシュレス初心者には使い馴染みのあるカードを利用するので、一番おすすめの方法だ。

お財布に現金を入れておいて、お財布に入っている金額しか使わない感覚で利用できる。

QRコード決済の「au PAY」に利用する。

PAY のキャンペーンが話題になり、キャッシュレス=なんとかペイとイメージしている人も多いだろう。

au PAYはキャンペーン合戦や利用店舗数では後発で、正直物足りなさを感じていた。

2020年9月現在、かなり使える場所が増えた。

使っている場所
  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • スーパーマーケット
  • ユニクロ
かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

日常で使う場所で、「au PAY」が使える場所が増えてきたように思う。

スマホの操作が必要だが、すでにチャージをした金額からしか利用できないので操作方法はシンプルだ。

例えばPayPayの場合。

チャージをしているPayPay残高と紐付けしているクレジットカード払いの2種類がある。

どちらかを選ばなければならないのだが、これが高齢のばあちゃんには理解しにくい。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

PayPayは画面で決済方法を選ぶ手順が、覚えにくい。

「au PAY 」の場合は支払い方法を選ぶ手順が省かれる。

チャージをしないと使えないが、チャージした金額しか使えないので、決済方法の操作はシンプルなのだ。

電子マネーの「QUICPay+」として利用する。

ばあちゃんが一番混乱するのが、「au PAY」と「QUICPay+」の違いだ。

どちらもスマホ操作で決済をするからだ。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ばあちゃんにとっては、どちらもスマホを差し出したら決済が完了するという認識。

しかも、コンビニは両方使えるのだ。

使っている場所
  • コンビニ
  • スーパー
  • ショッピングセンター内の店舗
ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

スマホを使ってキャッシュレスをするだけで、レジの人にびっくりされるのよ。

レジ前で、使える決済方法を確認しよう。

レジ前で使える決済方法を確認しよう。


スーパーのレジ前では特に焦ってしまう。

キャッシュレスの一覧表が、見えやすい場所に提示されている場所ばかりではない。

分からない場合は、使えるキャッシュレスを尋ねれば店員さんも教えてくれる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

基本的にポイント還元率はどの決済方法でも、0.5%還元だ。

キャンペーンが多いので、まずは「au PAY」を使う。

悩んだら「au PAY」を使うようにアドバイスをしている。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

なんとかペイの一番のメリットは、キャンペーンでの高ポイント還元。

2020年9月は、ユニクロで「au PAY」を使うと20%還元を行うキャンペーン中。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

秋物を買いに行ったわよね。

キャンペーンは、期間限定なので要注意だ。

エントリーが必要なキャンペーンもある。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

ローソンのように常時お得な場所もある。

ローソンで「au PAY」を使って買い物をすると、毎日4%還元。

「au PAY」が使える場所では、QRコード決済の「au PAY」を使うようにしている。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

コンビニとドラッグストアは「au PAY」ね。

電子マネー決済が使えるか確認して、非接触型決済の「QUICPay+」を使う。

正直、電子マネーが使える場所はクレカ決済ができる場所が多い。

ポイント還元だけを考えたら、特にメリットはない。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

コロナ禍以降、スマホでの決済を意識して利用している。

QUICPayを利用する一番の理由は、非接触型決済方法であることだ。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

レジの前で混乱するから、本当は苦手。
でも使えたら、かっこいい。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

スマホを使いこなしている感覚は、一番あるよね。

「QUICPay+」は、将来的にAppleWatchでの決済で使うことも検討中。

ばあちゃんは最近、カバンからスマホを取り出して決済することに、時間がかかるようになってきた。

しかも、スマホの画面を表示するまでがなかなかスリリングだ。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

急ぐとFaceIDが使えない。

Apple Watchなら、「QUICPay+」を使う時は側面のボタンのクリックするだけなので操作しやすい。

Apple WatchでQUICPay決済を主流にすることも、将来の選択肢として考えている。

最終手段。物理カードの「au PAYプリペイドカード」でクレジット決済。

「au PAY」「QUICPay+」のどちらも使えない場合は、物理カードを出してクレジット決済をする。

「プリペイドカード」なので、即時決済で完了。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

デパ地下やコストコでは、物理カードを利用している。

ばあちゃんのアイコン画像ばあちゃん

デパ地下は、デパートのカードを使わないの?

エムアイカードの場合
  • 三越伊勢丹グループ百貨店の食料品・レストラン・喫茶では、1品3,000円(税抜)未満の商品だと1%のポイント還元。
  • お買いあげ金額に応じてのポイント率を決めるお買い上げカウントには、食料品等も含める。

まいご家の場合は、お買い物カウントは3世代でカウントしている。

デパートでの購買が多い高齢世帯が入ってるので、比較的早く年間お買い上げ額をクリアする。

デパ地下での購入品は、1品3,000円未満の商品が多いのでポイント還元率は1%だ。

クレジットカードでチャージをして、プリペイドカードで決済をしたら2枚のカードでの還元率は1.5%還元となる。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

お買い上げ金額が達していない前半は、デパートのカードを利用する。
お買い上げ額が目標金額に達したら、デパ地下での3,000円未満での買い物には、プリペイドカードを使っている。

  • 2020年10月31日を持って、「つながります」の新規登録は終了となっております。
  • 現在のファミリー登録「つながります」に登録のお客様も、メイン会員のカード入会月に基づき、最終特典率更新日をもって終了になります。

3通りの使い方を、マイルールを決めながら利用しよう!

チャージをした「au PAY 残高」が、利用する出口では3通りに使えるカード。

  • 物理カードの「プリペイドカード」を使って、クレジット決済に利用する。
  • QRコード決済の「au PAY」を利用する。
  • 電子マネーの「QUICPay+」に利用する。

キャンペーンが頻繁に行われて、独自の還元率が高い「au PAY」をまず利用する。

非接触型決済の「QUICPay+」を、次の手段に。

2つの方法が使えない場所では、物理カードの「au PAYプリペイドカード」を利用する。

どの方法を使っても、還元率は0.5%。

かあちゃんのアイコン画像かあちゃん

レジの前で慌てないように、マイルールを作って利用しよう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる